講座・スポーツ・教室 course

画像 2022年度趣味の教室

油絵

初心者、経験者を問わず絵画を楽しく学ぶ姿勢を大切にして、油絵に必要な知識と表現力をつけることがねらいです。
基礎的な技法を着実に発展させながら、各自の可能性に挑戦していきます。

・見学無料(最大30分)
・体験1,100円

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の為、教室を中止・変更する場合があります。
講師名 松波 照慶 先生
油絵画家
曜日 土曜日
回数 月3回
時間 午前の部:10:00~12:00
午後の部:13:30~15:30
場所 ギャラリー
※開催場所は変更になる場合がございます。
定員 各部25名
※定員に達した場合は、キャンセル待ちとなります。
詳細につきましては、川崎市民プラザ1階総合フロントへお問い合わせください。
対象 どなたでも
受講料 4,180円(毎月前納、税込)
※受講料には、テキスト代、材料費等は含まれておりません。
※別途材料費等の支払いあり。
※川崎市民プラザ1階総合フロントにて受講料を添えてお申込みください。

教室の内容とその魅力について、先生が答えてくれました!
 

講師インタビュー

Q1.どんなことを教わるのでしょう?A.初心者には道具の選び方やその使い方から説明します。簡単なモチーフをまずは単色で描き進めながら、その都度、疑問に思うことに対して具体的に答えていきます。 経験者には自由で個性的な作品が描けるようにテーマに応じた話をします。「何を描く」と「いかに描く」の両面から考えて描いていきます。具象と抽象どちらでも構いません。

Q2.水彩画、油絵、日本画教室がありますが、どれを選べばよいのでしょうか?A.それぞれの画材に長所や短所があります。油絵は何度でも描き直しができるので気楽に描くことができますし、乾きが遅いのでその分ゆっくりと集中して描くことができます。また耐久性にも優れています。

Q3.先生が絵(油絵)を描くなかで大切にしていることやモットーはありますか?A.絵は詩に近い要素があると思いますので、説明文のような正しさよりも感性を活かした追求が必要だと思っています。作品を生み出すためには迷ったり失敗することもありますが、制作中に失敗しない絵はありません。迷いも伴いますが、一つずつ解決して伸び伸びと描く楽しさを味わってください。

Q4.初心者で油絵道具などを一切持っていません。どんな持ち物が必要なのでしょうか?入会してからでも相談できますか?A.市販の油絵セットを買うと不必要なものも含まれている場合があるので、なるべく経費をおさえて必要なものから徐々に買い揃えていくことを勧めています。 また、道具の他にボロ布が必要ですのでご持参ください。 モデルを描く際には、ポーズを決めるためにクロッキー帳(F8号ぐらい)が必要になります。

Q5.これから入会を考えている人へメッセージをお願いします。A.初心者の方にとって油絵は専門的で難しいといったイメージがあるかもしれませんが、慣れてしまえばとても簡単な画材です。水溶性の絵の具は乾くと色や画肌が少し変わったりしますが、油絵はほとんど変わりません。